お任せはある意味、危険

お任せはある意味、危険

自分の髪型がいつも同じになってしまうので、美容師さんに「美容師さんから見て私に似合うヘアスタイルにしてください。」とオーダーしました。自分ではどんな髪型が似合うのか分からなかったので、プロの目線でお願いしてみました。しかし、その時に長さなど一切何も言わなかったのが失敗しました。

 

カットする前は結構、長かったのですが思い切り切られてしまいました。当時、あまりはかないデニムをはいていったことも関係しているのかもしれませんが、美容師さんから見て私はスポーツをしているように見えたそうです。美容室に行く際には、普段通りの格好、普段通りのメイクで行くのが鉄則なのに1つも守っていなかったので何も言い返すことは出来ません。

 

休日の私の格好からすればとてもマッチしているかもしれませんが、問題はオフィスに行く時にこの髪の毛をどうアレンジするか…ということです。結局、違う美容室で切りなおしてもらうことになりました。お任せでオーダーする時には、最低限、長さに関しては話しておかなければいけないなと勉強になりました。